MENU

十二指腸に起こるポリープなどの症状や生存率や治療方法などについて

スポンサーリンク

皆さん、十二指腸という言葉を聞いたことがあると思います。
腸なんだよな〜という認識はあるとは思うのですが、実際に十二指腸とはどのようなものなのかご存知ですか?
十二指腸というのは、25cmほどの大きさで、普段食べている食べ物を、胃で消化して、そのあとに、胆汁やすい液という消化液に混ぜて、空腸という場所に送る役割をしています。
なぜ十二指腸と呼ばれているのでしょうか?
十二指腸というのは、指を12本を横に並べた際に、同じ長さになるという事になりますが、じっさいには、指12本よりも長いのですが、由来はこのようになっているようです。
十二指腸はどの場所にあるのかというと、十二指腸というのは、小腸にあたります。
小腸というのは、空腸と回腸と十二指腸とに別れており、これを引っくるめた名前が小腸と言います。
そのため、十二指腸というのは小腸の一部分にあたります。
十二指腸は、胆嚢と膵臓とつながっています。

スポンサーリンク

胃で消化をされた食物というのは、十二指腸に流れていきます。
そうすると、いろいろなホルモンが出されます。このホルモンが、胆嚢と膵臓に声をかけて、「胆汁、すい液を出してくれ〜!」ということで、胃から流れてきた食物と混ざります。
そして、混ざった食物は、空腸に送られてより消化、吸収されやすい形にされていきます。
このように体の中で重要な役割を持っている十二指腸ですが、しばしば病気を起こすことがあります。
有名な病気ですと、「十二指腸潰瘍」という物があります。
これは、十二指腸の粘膜が、傷づき、炎症をおこして、ただれてしまう病気です。
とくに十二指腸の粘膜というのは薄いために、穴が空いてしまったり、出血を起こすことがあります。
胃も同じように、胃潰瘍という病気がありますが、これに近い症状と考えていただければいいと思います。
また、特に胃に近い粘膜に症状がおこることがあります。
この症状は、吐き気や胸焼けをお越し、激しい腹痛を催します。
胃潰瘍と同じような症状なので勘違いもありますが、このまま放置を行うと命に関わることもあります。
原因は様々あり、タバコやアルコールと言ったものや香辛料など刺激物が影響を出すことがあります。
また、精神的部分ではストレスにより、十二指腸が胃酸の影響を受けることで症状を出すことがあります。
十二指腸は、普段の生活で大きな役割を持っている体の器官なので、普段からケアを行う必要があります。
他にも、十二指腸には多くの病気があります。正しい知識をもって十二指腸について学んでいってください。

スポンサーリンク