MENU

大腸の特徴と病気について

スポンサーリンク

お腹の中というのは、様々な内臓器官にがあり、その構成によって私たち人間というのは、生活ができています。
さて、十二指腸のほかに、胃腸に関して、「大腸」というものがあります。
この大腸というのは、いったいどのような器官なのでしょうか?
皆さんは、大腸のほか小腸、十二指腸の名前をご存じであると思います。
しかしながら、名前は知ってはいるが、どのような器官なのかについてはわからないという方が多数いらっしゃるのではないかと思います。
まず、大腸の位置になりますが、「胃」がありこれとつながっている最初の器官が「十二指腸」そして、「小腸」となり…最後が「大腸」という順番で構成されています。
大腸は、お腹の出口である部分にあります。
こちらのお腹内部での活躍に関してはいったいどのようなことをしているのでしょうか?
大腸というのは、消化器官になります。
主に行うことといえば、「細菌による食物繊維発酵」を行う場所、また栄養や水分を吸収して「便」を形成して、溜めて置き、排出までを行うものです。
そのため、皆さんも経験があるかと思いますが、大腸の調子が悪いと、「水便」のように緩い便が出たりという状態になったりします。

スポンサーリンク

大腸というのは、かなり長い器官でおおよそ、「160cm」の長さがあります。
日本人の平均身長よりも多少短いくらいの長さがあります。
その管の太さは直径5cmから8cmとなっています。
構成は、「盲腸、直腸、結腸」という3つに分類されます。
特にその中での盲腸といえば、皆さんもご存じであるかと思います。
この盲腸というのは、若い時期に活発に活動する部分であり、炎症を起こすことがあります。
その際に、盲腸が痛むことがあり、皆さんの周りでも経験された方がいらっしゃるのではないでしょうか?
またほかにも「虫垂炎」というものがあります。
大腸の一番端の部分には「しっぽ」のようなものがあります。
これを「虫垂」というのですが、しっぽの部分に便がたまったり、膿などがたまることで虫垂炎を起こすことがあります。
大腸の病気というのは、基本的に自覚症状があるものが少ないです。
たいてい、痛みもしくは血便という症状によって気づくのですが、この症状が出ている状態というのは、すでに初期症状ではなくある程度の進展がみられる状態のことが多いです。
また、大腸がんという怖い病気もあり、この場合には症状によっては命にかかわることがあります。特に大腸ポリープの形成されやすい体質の方ですと、この大腸がんのリスクが高いといわれており、食生活や生活習慣によっても大腸がんの発生のリスクが高まることがあるといわれています。
食事を食べて生活をしている以上、人間というのは、消化器官は大事なものになります。
それは、どの器官であれいえることです。
大腸の症状は十二指腸同様に重点を置いて知っておくと、いざというときにお役に立つかと思います。

スポンサーリンク

腸の病気は十二指腸だけじゃない!「大腸」について記事一覧

昔に比べ、最近はハム、ソーセージなどを食べる機会が多くなってきています。近年動物性のタンパク質やハムやソーセージなどの食肉加工食品の食べる量が増えてきて、緑黄色野菜や魚を食べる機会が減っているため、大腸がんになる人が増加傾向にあります。昔の日本では魚や野菜のほうが食べられていたので特に増加傾向にあるようです。肉に食が移るなどの欧米化が進む一方でデメリットもあるようですね。大腸がんのステージとしては...

大腸がんは早期発見出来れば治療出来る病気です。大腸だけはないですが、大腸に異常があるような時は、体に異変を感じることができますので健康診断を受けた時や、人間ドッグに行った時などに早期発見できることにより治療、さらには完治できることもありますので、こまめな検査を受けることはとても重要です。健康診断の際に、大腸ポリープが出来ていると言われた方は、何の病気なのか、重大な病気ではないのか、重症なのかと思わ...

排便をした際などに異常が起きてるなと思ったことはありますか。直腸や結腸に異常が場合は、排便障害を感じることが多くなるでしょう。大腸に異変が起きている可能性があります。近年では日本食の欧米化が進んでいて、肉の加工食品などを食べる機会が圧倒的に増えています。欧米化だけが要因になるわけではないのですが大腸の病気に関しては食事と密な関係性があります。大腸がんを引き起こす病気として大腸のポリープが挙げられま...

大腸がんや大腸ポリープなどを発見する際には大腸内視鏡検査します。最近では大腸の異常を発見する際には大腸内視鏡検査を行うのが一般的です。他にも便潜血検査などの簡易的なものもあるのですが、専門医はオススメしないと思いますので、大腸内視鏡検査についてお話します。大腸内視鏡検査とは大腸に異常の有無を診断し、大腸ポリープが見つかった際には切除します。その内容は肛門から内視鏡を挿入して行い、上記の通り、ポリー...

最近、日本では大腸がんが増えてきています。大腸とは食べた物が消化され吸収されたものの残りの水分を吸収して大便にする器官で食物繊維の分解や感染予防などの役目も果たしている大事な器官です。大腸がんとは腺腫と呼ばれているポリープががん化して大腸に発生します。ここ最近では大腸がんを早期発見するために大腸内視鏡検査行う方が非常に増えています。ただし大腸内視鏡検査は保険が適用される場合と、保険が適用されない場...

大腸がんをステージには分類がなされています。大腸がんの発生原因には2つあり、大腸のもっとも内側の粘膜に出来た良性の腫瘍ががん化する時と、粘膜から直接がんが発生する場合があります。粘膜だけにとどまっている状態のがんは、初期のがんで自覚症状はほぼありません。粘膜を超えてがんが大腸の外に広がっていったり、リンパ節に広がっていったりすると、症状が徐々に表れるようになります。このようにがんが徐々に広がってい...

大腸ポリープは40歳を過ぎたら定期的に検査を行って早期発見に努めるようにしましょう。大腸ポリープは自覚症状がなく、気付かない間に出来ていますが放っておくと大腸がんになってしまう可能性があります。食の欧米化に伴う食物繊維の摂取減少により日本では多くみられるようになってきた大腸ポリープですが、大腸内視鏡検査によって検査され、ポリープが見つかった際は切除されます。切除を行った場合は生活環境や食事に関して...

憩室(けいしつ)とは大腸に出来る、大腸内圧などにより腸壁の一部が外へ飛び出してしまい、袋状のものが憩室です。その部分が炎症になることを大腸憩室炎(だいちょうけいしつえん)と呼びます。大腸憩室は一か所だけではなく、数か所に出来ている可能性も少なくありません。大きさは小豆くらいの大きさで、内側は空洞になっているため、便や老廃物が入り込んでしまうこともあり、その際はうまく輩出が出来ないと炎症となり、大腸...

大腸にはさまざまな病気になる可能性があります。その種類は大腸ポリープ、大腸がん、大腸炎、クローン病、大腸憩室炎などがあります。大腸憩室炎ってどんな病気か、読み方すらわからない方も多いと思います。だいちょうけいしつえんと読み、大腸粘膜の一部が大腸内圧の上昇によって腸壁外に突出し憩室が多発した状態のことです。日本では結腸に出来ることが多かったのですが、食の欧米化に伴って左側大腸の症例も増えてきています...

大腸穿孔とは大腸に穴が開いてしまうことです。性別や年齢を問わず誰にでも発生し、穿孔は大腸だけでなく胃などでも起こりうる症状です。ストレスで胃に穴が空きそうだという言葉もありますよね。実際にはあまり起こらない症状らしいですが、それこそ起こったら重症となってしまいます。消化器官の胃には胃酸があり、その胃酸にはいろいろなものを溶かしてしまう液体ですので胃に穴が空き、胃酸が漏れ出すと大変なことになります。...

最近は日本人の食生活の欧米化や高年齢化などによって癌による死亡者の中で大腸がんによる死亡者が毎年のように増加しています。大腸がんは多くの場合、ポリープから発症すると言われていますので、ポリープを早期発見し、大腸内視鏡検査などにより、内視鏡で切除できれば大腸がんになることは避けられます。ポリープの段階で、発見できるのが重要ですが、万が一大腸がんになってしまっても早期発見出来れば大腸内視鏡検査中に切除...

最近、日本では食の欧米化に伴って動物性のタンパク質を食べることがどんどん増えています。コンビニやレストラン、24時間さまざまな場所で食べることが出来、とても便利である一方、それらの事柄に影響を受けて、病気になりやすくなっています。大腸の病気には大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、大腸憩室炎などがあり、その一つに大腸がんがあります。大腸がんは大腸ポリープががん化したものです。大腸ポリープが出来る原因としてよ...

大腸がんになるかたは年々増加しています。大腸ポリープと呼ばれるものががん化したときに大腸がんになります。大腸は食べ物を消化してくる器官ですので日常生活に支障が出ることもありますので注意しましょう。大腸ポリープにより大腸がんへとなってしまう危険性がある為、大腸内視鏡検査などにより、早めに発見し、処置をすることが大変重要です。ポリープの発生原因としては食の欧米化などによる要因があげられています。大腸ポ...

大腸を検査するのに大腸内視鏡検査というものがあります。大腸ファイバーとはそのこと指します。主に大腸がんや大腸ポリープを検査するのに使われています。その内容は大腸ファイバースコープを肛門から挿入し、大腸をカメラで確認していきます。大腸がんや大腸ポリープを発見するだけではなく、ポリープが見つかった際には、その場ですぐに切除することが可能です。高周波で焼き切る、電気で焼き切るなどの措置が取られます。検査...

大腸ポリープとは大腸粘膜に隆起する組織のことで、直腸とS状結腸に多く発生します。腫瘍性ポリープと非腫瘍性ポリープに分けられ、腫瘍性ポリープががん化し非腫瘍性ポリープはがんとは関係ありません。腫瘍性ポリープの多くの場合が良性ですが、放っておくと大きくあり、がん化することがあります。大腸ポリープの症状ですが、初期症状はほとんどありませんが、便が出にくい、腹痛、お腹の張りなどの症状も出る場合もあり、大き...

大腸がん検診で大腸内視鏡検査を受けたとき大腸ポリープが見つかると多くの場合はそのまま切除します。切除されたポリープはその組織を顕微鏡で調べますが、このことを病理診断と言います。大抵の場合は良性のポリープとなりますがはっきりと悪性との境界線があるわけではありません。良性のポリープが成長して悪性になっていき、がん化します。大腸ポリープは良性か悪性かを示す分類を5段階にグループ1からグループ5といったよ...