MENU

大腸がんの症状や原因「ストレスや便秘」について

スポンサーリンク

癌といえばは、体の様々な部分に発症します。
人それぞれ発症する場所もことなりなかなか特定が難しい場合もあります。
十二指腸がんもその一つではありますが、同じ腸として「大腸がん」について説明をしていきたいと思います。
大腸がんというのは、2mもある大腸に発生する癌です。(直腸、結腸、肛門)
日本人では多く、結腸と直腸に発生しやすいといわれております。
大腸がんというのは、「ポリープ」が原因であることが多く、良性の癌が徐々に癌に大腸がんになっていく場合や、正常な腸の粘膜が突如、癌に変わるということがあります。
進行のスピードは遅いのも特徴です。
大腸がんというのは、粘膜の表面上に発生して、大腸の壁を次第に深く侵入していき、症状が進行するにつれてリンパを通じて、肝臓や肺など多くの臓器に転移していきます。

 

大腸がんの症状

 

症状としては、大腸の場所によって多少異なるのですが、
・血便、下血
・下痢や便秘の繰り返し
・便が細い、残る感じがする
・腹痛、腹が張る
・貧血
・日常生活で体重が減少
といった症状が多い。
主に多いのが下血や血便によるもので、これは視覚としてとらえることができるため体の異変として気づきやすいということがあります。
また下血や血便ですと、痔の可能性も否定ができませんので、「消化器科、胃腸科、肛門科」で検査を行うことが重要です。
癌全体に言えるのですが、早期発見ほど好ましいことはないので早期に医療機関に行くようにしてください。

スポンサーリンク

 

検査について

 

大腸がんの可能性が疑われる場合には検査になりますが、
・直腸指診
・直腸造影検査
・内視鏡検査
・CT
・MRI
などを行います。
これは原因の場所によって異なりますが、初期であれば、内視鏡で組織を回収して検査を行い良性もしくは悪性なのか判断を行います。

 

治療

 

治療に関しては早期にあればあるほど、体に対する負担が少ないです。
早期に発見することがあれば根治することも可能なことがあります。
また多少の進行で、なおかつ肝臓などの転移が認められる場合
手術が可能であると根治することも可能な場合があります。
また切除が困難な場合や進行状況によっては放射線治療、抗がん剤治療を行うことになります。

 

見た目による分類(肉眼分類)

 

大腸がんというのは、見た目や形により0から5の型に分類される形になります。

 

0型「表在型」粘膜もしくは粘膜下層までのがん
1型「隆起腫瘤型」腫瘍の全体が塊状となっており腸の内側に発症するがん
2型「潰瘍限局型」腫瘍の中央が陥没していて、周りの組織とがん細胞の境目がはっきりわかる癌
3型「潰瘍浸潤型」2型よりも崩れており正常な粘膜との境目がはっきりわかならい癌
4型「びまん浸潤型」3型よりもさらいにがんが周りに広がった状態で境目がわからないもので「スキルス型」とも言われております。
5型「分類不能」

 

大腸がんというのは、「6対4」で男性のほうがやや患者数が多いとされております。
主な要因としては、欧米食により動物性の脂肪の摂取が多いことが関わっているといわれております。
そのため、食生活で野菜など食物繊維や、魚を食すことで予防につながることが期待できるとされております。
とはいえ発症してしまえば、治療を行わなければいけませんので、しっかりとした知識を持ち対応するようにしましょう。

スポンサーリンク

大腸がんの症状や原因「ストレスや便秘」について記事一覧

日本人の大腸がんの死亡者数はトップ3に入り、女性では1位となっています。発症件数も年々増加傾向にあります。特に40代から増え始めますので定期的な大腸内視鏡検査などを受けておくと安心です。20代や30代でも起こる可能性はゼロではありませんので便秘気味の方や、下痢気味の方、身内で大腸がんになった人がいる方なども要注意です。大腸内視鏡は恥ずかしいと思い方も多いかもしれませんが、最近では検査用のパンツなど...

大腸がんは近年日本での死亡者数は増加傾向にあります。がんでの死亡者数はがんのなかでもトップ3に入り、女性のほうが多くなっています。がんというのは人間の体のどこにでもできる可能性があります。大腸がんの原因には食の欧米化や遺伝、ストレス、たばこ、肥満などさまざまなことが原因となって起こるのではないかと言われています。健康診断などで早期発見することが最重要課題となっています。大腸がんをいち早く見つけるに...

大腸がんでステージ4だと診断されてもあきらめずに治療していきましょう。ステージ4といっても何がなんだかわからないという人のために説明していきたいと思います。癌というのは進行度をステージという言葉で表現され、ステージには1〜4まであります。ステージ4は進行度でいえば一番高いですが、余命はきっちりわかるものではありませんし、余命というのは医師が推測によるものですので実際には長い場合もありますし、短い場...

大腸がんは大腸の内側の粘膜から発生して徐々に進行していきます。その進行度をステージによって表し、ステージ0〜ステージ4と分類され5段階となります。ステージ0からスタートし、がんの進行度が最も高いのがステージ4です。ステージ4の状態は大腸から遠く離れた臓器、肺や肝臓、腹膜などに転移している状態のことを指します。がんには5年生存率という言葉が使われ、5年後の生存者の割合がパーセントで表されます。ステー...