MENU

十二指腸癌の原因と症状とは?

スポンサーリンク

癌という病気は命に関わることもが多いため、早期発見、早期治療が好ましく特に注意が必要な病気です。
こういったことは、誰もが認識をしていることだと思います。
さて、十二指腸でも癌という病気が起こるとされています。
同様の消化器官系の癌の中でも発症率が低くとされております。
「0.06%〜2.9%」という発症率できわめて低いことがわかるかと思います。
またこの癌は良性腫瘍である腺腫(ポリープ)から悪性に変わることがあるとされています。
さらに腺腫のなかでも大腸腺腫症というポリープができやすい遺伝や体質の場合には発症する確率が高いとされています。

 

十二指腸って?

 

十二指腸というのは胃と小腸とを結ぶ消化管の事です。
ちょうど器官同士のつなぐパイプのようなものです。
長さは「25〜30cm程」となっていて、十二指腸の名前の由来として指を12本横に並べた長さにおおよそ同じとなっています。
厳密には十二指腸も小腸の一部になりますが「小腸」は「空腸」「回腸」を指します。
どんな役割?
「胆のう」「すい臓」に働きかけることで胆汁や膵液という消化酵素を分泌させます。
これによって胃から十二指腸に流れ込んだ食べ物を分解、消化することが出来ます。
分解することで小腸(空腸)に吸収、消化させやすい状態にするのが十二指腸の働きになります。

 

十二指腸がん

 

この癌というのは初期段階がほとんど内とされています。ではほとんど症状がないがんです。
癌が進行することで症状がでてくるのですが、
・腹痛
・吐き気
・貧血
・体重減少
・下痢
というものがあります。

 

さらに進行すると、黄疸の症状が見られる事があります。
個人差があり他にも症状が現れることやこれらの症状が見られないこともあります。

スポンサーリンク

 

原因

 

十二指腸の原因というのは、はっきりと解明されておらず、様々な要因があるとされています。
・十二指腸粘膜より直接がんが発生
・「良性腫瘍(ポリープ)十二指腸腺腫」が癌に変わることがある
・迷入した膵組織の癌化

 

現状として、これらが発症する原因とされており、他に精神的ストレスや、嗜好品や生活習慣、食生活などが関わっていると言われています。
諸説有りはっきりとした要因はまだわかっていない段階です。

 

主な検査方法

 

・腫瘍マーカー
・造影検査
・上部内視鏡検査
・腹部CT検査
・MRI検査

 

癌の中でも進行癌であると血液検査により「CEA」「CA19-9」というマーカーが高数値を示すので、内視鏡により腫瘍が見つかることがあります。
バリウムを使用した造影検査においても十二指腸の不整や狭窄、陰影欠損像など確認される事もあります。
主な検査とでも内視鏡による目視確認が有効でポリープを採取してその組織を検査することで良性、悪性の判断を行います。

 

治療方法

 

早期の場合は、手術による治療がほとんどになります。
症状の進行、深さにより患部の切除範囲が異なってきます。

・非常に早期
癌が表面に留まっている場合は、腫瘍に「スネア」という輪っかを引っかけて切除します。※内視鏡的粘膜切除術になります。
・早期のがん
癌の範囲が粘膜下層まで達している場合ではリンパに転移している可能性もあるので、開腹して十二指腸部分切除術を行うことがあります。
・進行がん
進行が筋肉の層の深くまで達している事があり、この場合には胃の切除が行われます。
進行の具合によっては、抗がん剤を用いた治療をおこなうことになります。

 

十二指腸癌というのは約80%は良性でであると言われています。
そのため早期に発見、早期の腫瘍の摘出手術を行えば、予後はおおむね良好とされています。
しかし、発見が遅れてしまい、癌が進行していると手術ができないこともあります。
また進行癌ですと5年生存率が20%ほどまでになるとされており、早期の重要性を考えさせられます。

スポンサーリンク

十二指腸癌の原因と症状とは?記事一覧

十二指腸癌になると症状とすれば、機能不全を起こしてしまうと栄養素が吸収することが難しいので満腹感と体重減少などがあります。症状はこれ以外にも腹部の痛みと吐き気と吐血と悪寒と下痢と貧血も起こりうるかもしれないですが、黄疸が出るとがんの出口を塞いでしまうので注意が必要になっています。十二指腸癌が早期発見出来た場合は治療としては手術をすれば完治することが出来て良い結果に繋がりますが、がんが進化してしまう...

一般的に癌は進行の度合いや症状などによって、ステージが分けられています。ステージは1〜4で表し、初期の癌をステージ1とし、進行する毎に2、3、4とあがっていきます。もちろん、数字があがっていけば生存率は下がります。十二指腸癌の生存率を見てみると、ステージ1は70%、ステージ2は60%です。他の癌と比べると高い生存率になりますが、ステージ3は33%、ステージ4に至っては17%と言うことで、3以降はガ...

十二指腸癌になる可能性は低いので、症状があっても気づかないまま末期になっていることも珍しくないです。下痢などの症状がでてくれば、かなり進行していることもあり得ます。末期になるのを防ぐには、定期的に検査を受けるなどして確認しなければいけません。末期になれば治療が難しくなりますが、十二指腸癌は早期に発見して切除すれば完治する可能性が高いです。末期になるまで放置していなければ、生活に支障をきたすことはな...

なんだか背中が痛い、その症状はもしかすると、十二指腸が炎症を起こしているサインかも知れません。そもそも十二指腸とは胃と腸を繋ぐ場所にあり、人によって差はありますが長さで言うと25〜30センチほどで、消化に必要不可欠な膵液や胆汁を出している重要な臓器のことを言います。また、体の背中側にあるため、炎症を起こすと背中の痛みを訴える人が多いのも特徴と言えます。十二指腸はとてもナイーブな臓器のため、ストレス...

十二指腸癌のステージについてはほかの記事でも記載をしておりますが、十二指腸癌のステージごとの特徴や生存率について今回は説明をしていきたいと思います。十二指腸癌というのは、ガンの中でも発症することは少ないといわれています。十二指腸というのは、「胃と小腸をつなぐ部分」になっています。癌になるのが低い理由としては食事した食べ物がとどまる時間が短いために癌になりにくいといわれているようです。ちなみにそのそ...

「十二指腸癌」は幅広い年齢層の方に起こりうる病気の一つであるため注意していかなければいけなくなります。十二指腸癌になってしまう原因としてはどのようにして異常が起きてしまうのかという事が明確に明らかにされていないのが現実であり、考えられるのが十二指腸粘膜が直接癌化してしまったり、十二指腸ポリープが癌化、Brune腺過誤腫が癌化してしまうという事が理由に挙げられています。この病気を発症するとどのような...

十二指腸癌は消化器系の癌の中では発症率が約0.3〜2.9%と最も低いため、どのような原因で発症するのかは現在でもはっきりと解明されていません。十二指腸癌の約80%は良性の十二指腸ポリープが悪性化して癌細胞に変化することで発症するとされていますが、なぜ十二指腸ポリープが悪性化するのかはまだはっきりと解明されていません。それ以外にも十二指腸の粘膜に直接癌細胞が発生することが原因で発症することもあります...

十二指腸癌は消化器官にできる癌の中でも、最も発症率が低いといわれる癌です。十二指腸癌は十二指腸にある良性腫瘍が大きくなって、癌に進行してしまうことが主な原因ではないかと考えられています。そのため十二指腸に良性腫瘍が見つかったら、腫瘍を取り除く手術を受けると安心することができます。十二指腸癌は初期段階では自覚症状が現れないため、腹痛や下痢などの自覚症状が現れた時には末期になっているというケースもあり...

十二指腸癌は、非常にまれなガンですが、黄疸が現れて皮膚が黄色く見えるので視覚から異変に気づきやすい病気です。進行すると手術が必要になり、切除により術後は食事に注意しなければなりません。量は、少なめにして消化器官への負担を軽くします。さらに、きざみ食と言われる、あらかじめ細かく刻んだ食材で調理し、加熱時間を長くしてや商材をわらかくする手間も必要です。1回の食事量が減少するため、食事の合間に間食を摂る...

十二指腸は、胃と小腸のつなぎ目の部分にある腸の一部です。小腸の一部としても考えられることはありますが、基本的には区別されています。 主な十二指腸の役割としては、十二指腸の大体真ん中あたりに胆管があります。 膵臓や胆のうからは消化液の一つであるすい液や胆汁が分泌されます。それらは胆管を通って十二指腸内へと流れ込み、胃で溶かされた内容物をさらにやわらかくするために溶かす役割を担っています。ですので、十...

人間の内臓の中で栄養を吸収する器官として大事な役割を果たしているのが小腸です。そんな小腸は大きく分けて十二指腸・空腸・回腸の3箇所に分類することが出来ます。小腸にも癌のような恐ろしい病気が発生することがありますが、そのほとんどが十二指腸に出来る十二指腸癌と呼ばれるものです。しかし、十二指腸癌は癌の中でも珍しい病気の一つであってそれほど気にする必要はありません。日本人の消化器系に出来る癌の割合で言え...

癌の中でも、実はあまり知られていないものとして「十二指腸癌」があります。この癌というのは、発症率が消化管の中で「0.06〜2.9%」となり他の癌に比べても低いことからあまり名前が知られていないということがあります。癌は、どの種類でも同じですが、早期に発見することが治療を行う上で非常に有利になります。治療の期間や転移の推移を見ても軽度なもので済み、体を考えても負担が全く異なります。また、予後の過ごし...

小腸は十二指腸と空腸、回腸からなりますが、十二指腸は胃に近い部位を指しており、この部位にできる癌を十二指腸癌といいます。この癌は非常にまれな癌で国立がん研究センターの調べによると発症率は0,06〜2,9%と消化器官の癌の中でも発生頻度が低い癌となります。しかし、小腸にできる癌としては十二指腸癌は圧倒的に多くなります。また、この癌は80%が良性腫瘍である腺腫から癌になるものが大部分と考えられており、...

十二指腸癌の場合にも、他の癌同様にtnm分類が適用になります。tnmは癌の大きさや深さ、リンパ節や多臓器への転移をはかる分類法であり、癌のステージを決定する上でも重要です。こういったtnm分類をすることによって、具体的な治療法もより決定しやすくなります。比較的早期の十二指腸癌では部分的な切除が選択され、進行度が高い場合は膵頭十二指腸切除術が適用になるのが一般的です。癌の進行度は、実の所画像の所見だ...

十二指腸とは胃と小腸を繋いでいる管の事で、胃で分解された食物を小腸に運ぶのが主な役割です。十二指腸癌とはこの管に悪性腫瘍が発生するというもので、その多くが良性の腫瘍が変化する事で発生すると言われています。ただ、この癌は発症率が極めて少ない事からデータが乏しく、いまだに明確になっていない事も多いです。 十二指腸癌が発生した場合の症状についてですが、初期の段階ではハッキリとした症状が出る事は少ないとさ...

さまざまながんの初期症状は気づかれにくいですが、十二指腸がんなら体重が減るまたは疲れやすいといった初期症状は同じですが、お腹の中央に痛みなどの症状がでるといわれています。特徴としては、腹部に何かしらの症状が出やすいです。また、初期症状が進んでいくと、吐き気など自覚症状が増えていく傾向があります。十二指腸がんであっても、早期に発見して治療を受ければ完治する可能性が高いですし、そもそもがんになる確率が...