MENU

十二指腸癌のステージ事の生存率はどれくらいなの?

スポンサーリンク

十二指腸癌のステージについてはほかの記事でも記載をしておりますが、十二指腸癌のステージごとの特徴や生存率について今回は説明をしていきたいと思います。
十二指腸癌というのは、ガンの中でも発症することは少ないといわれています。
十二指腸というのは、「胃と小腸をつなぐ部分」になっています。
癌になるのが低い理由としては食事した食べ物がとどまる時間が短いために癌になりにくいといわれているようです。
ちなみにそのその発生率というのは「0.06%〜2.9%」と数字を見ていただく通り低くなっております。
十二指腸癌というのは早期発見が出来れば治療はさほど難しくなく、外科手術で切除出来れば完治の確率が非常に高いとされています。

 

ステージ1

 

ステージ1の乳頭部ガンの場合
初期の段階で発生しやすいのが乳頭部とされています。
この場合には自覚症状が出やすく、腫瘍を取り除けば予後は良好ということで、
内視鏡で発見した際に同時に切除することが可能でこれで根治ということも多々あります。
また切除のみで治療できる場合の5年生存率は「50〜70%」とされており、特に早期での治療の場合には「5年生存率は90%以上」きわめて高い水準だと言われています。

 

ちなみに主な十二指腸癌の自覚症状には次のようなものがあります。
・腹痛
・吐き気
・貧血
・体重減少
・下痢

 

ステージ2

 

癌が乳頭部癌でない場合
この場合自覚症状はほとんど現れないことが多いです。
進行がんになって上記の自覚症状が出始めます。
ですので、乳頭部癌ではない場合での自覚症状から発覚した状態というのがおおよそステージ2となります。
しかしこの時点では十二指腸全体にガンが進行している事は少ないです。
この状態での手術で切除が可能であれば、「5年生存率は50〜70%」となるかと思います。

スポンサーリンク

 

ステージ3

 

癌が更に進行が進んでいくと胆汁出口を塞ぎ黄疸が出始めます。
この症状がステージ3の特徴といえます。
この場合リンパ節への転移が見られる場合がありますが、まだ外科手術での対応が可能なことが多いです。
また他の部位への転移はこの時点ではほとんど認められないようです。
・腫瘍の切除さえ出来れば「5年後生存率は50〜70%」といわれています。

 

ステージ4

 

より症状が進むことで十二指腸以外の部位に転移を起こした状態になります。
これをステージ4とされ、「末期がん」ということになります。
この場合には抗がん剤治療が中心となり、外科手術での根治が難しいために5年生存率が「20%」ほどまでになってしまうそうです。
これは、「遠隔転移」という血液やリンパに癌細胞が流れてしまい十二指腸以外の臓器などに転移を起こすためです。

 

このようにしてステージ事で生存率に差が現れ、初期の段階での治療が一番このましいといえます。
また、早期治療の方がより予後の経過好ましいということがありますで、違和感を感じたら検査を行うようにしてください。

スポンサーリンク