MENU

十二指腸潰瘍の治し方等について

スポンサーリンク

十二指腸潰瘍とはその名の通りに、十二指腸に潰瘍が出来てしまうという疾患になります。
潰瘍とは何等かの理由で粘膜が深くえぐられて、粘膜組織に欠損が発生する事を言います。
潰瘍というと十二指腸以外にも、胃に発生する潰瘍もよく知られています。
ちなみに十二指腸潰瘍は10〜20代の比較的若い人に発生するのに対して、胃潰瘍は40代以降の人に多く見られます。
 この疾患を発生させる原因として最も多いのが、ピロリ菌という菌類によって引き起こされるタイプになります。
日本では全患者の9割以上が、このピロリ菌が原因で発症していると言われています。
ちなみに日本におけるピロリ菌の感染者は、全人口の約半分程度になるとされています。

スポンサーリンク

 十二指腸潰瘍で発生する症状は色々ありますが、中でも上腹部に発生する痛みがよく知られています。
特に空腹時に痛みが発生しやすいという特徴があるので、思い当たる人は病院を受診するのが望ましいです。
 それ以外の症状としては吐き気や嘔吐等があり、中には吐血や下血をする人もいます。
吐血や下血が発生した場合には急を要するケースが多いので、早急に病院に連れて行く事が大切になります。
 具体的な治し方としては、原因となっているピロリ菌を退治するという方法があります。
この治し方を実践する事でピロリ菌そのものを排除出来るので、再発の可能性を減らす事も可能となっています。
ちなみにこの治し方を行なった場合の再発率は、わずか5%程度と言われています。

スポンサーリンク