MENU

十二指腸癌がリンパ節に転移する確率はどのくらいなのか

スポンサーリンク

「十二指腸癌」は幅広い年齢層の方に起こりうる病気の一つであるため注意していかなければいけなくなります。

 

十二指腸癌になってしまう原因としてはどのようにして異常が起きてしまうのかという事が明確に明らかにされていないのが現実であり、考えられるのが十二指腸粘膜が直接癌化してしまったり、十二指腸ポリープが癌化、Brune腺過誤腫が癌化してしまうという事が理由に挙げられています。

 

この病気を発症するとどのような症状が起きるのかというと、腹痛、吐き気、嘔吐、黄疸、体重減少、貧血等が挙げられています。

 

連日、症状が続くようであれば病院を受診する事をすすめます。

 

精密検査を受ける事により十二指腸癌を発見する事ができます。

 

スポンサーリンク

病院で受けた精密検査で十二指腸癌と診断を受けたらすぐに治療が開始になり、早期発見の場合であれば内視鏡を使って癌化した部分を切除する治療を受ける事になり、その後は薬等を服用して経過を見ていく事になります。

 

ちなみに十二指腸癌がリンパ節に転移する確率については3.5%から5.4%の間となっています。

 

その事からリンパ節に転移する事は比較的に少ないという事が分かります。

 

ただし、発見が遅れるとリンパ節に転移する確率が上がるため注意していかなければいけなくなります。

 

また、症状が酷い場合や癌の進行がかなりすすみ切除手術が困難である場合や高齢者で手術する事ができない場合については放射線療法また化学療法で治していく事になります。

 

生存率については切除手術を行なった場合については5年生存率は20%から60%になっていて非切除であると大幅に生存率が下がってしまい2年生存率が20%以下になっています。

 

スポンサーリンク