MENU

十二指腸癌の食事の注意すべき点とは

スポンサーリンク

十二指腸癌は、非常にまれなガンですが、黄疸が現れて皮膚が黄色く見えるので視覚から異変に気づきやすい病気です。

 

進行すると手術が必要になり、切除により術後は食事に注意しなければなりません。

 

量は、少なめにして消化器官への負担を軽くします。

 

さらに、きざみ食と言われる、あらかじめ細かく刻んだ食材で調理し、加熱時間を長くしてや商材をわらかくする手間も必要です。

 

1回の食事量が減少するため、食事の合間に間食を摂ることも必要になってきます。

 

2〜3回の間食を加えることで、全体の摂取量をしっかりと確保することができます。

 

飲み物は、刺激の強いものは避けるよう注意しなければなりません。

 

お茶やコーヒー、紅茶などもできるだけ薄くするのがよいです。

 

スポンサーリンク

十二指腸癌を患うと、油っぽい料理や繊維質の多い食材は負担が多くなるので注意が必要です。

 

油はできるだけ避けた方が無難なので、フライや天ぷらなど、衣を付けてあげる料理は注意です。

 

術後の経過や治療の成果が良好で、医師の許可もある場合は少量から試してみることです。

 

体調が悪くなったり、もたれるようなら、しばらく油抜きの食事にしてみるとよいです。

 

繊維質の多い食事も同様で、いきなり繊維質の多い野菜や果物をたくさん食べると、かなり消化に時間がかかり負担が増大します。

 

十二指腸癌は食べ方にも注意が必要で、急いで食べずにゆっくり食べることが大切です。

 

よくかんで食べ物を細かくしてから飲み込み習慣をつけることをおすすめします。

 

消化の良いでん粉や糖質を摂ることもおすすめです。

 

スポンサーリンク