MENU

十二指腸の炎症は治療すれば改善できます

スポンサーリンク

若者が発症しやすい「十二指腸」の炎症は幅広い年齢層にも起こりうる事であるため、注意していく必要があります。

 

十二指腸に炎症が起きると十二指腸潰瘍や十二指腸癌等を引き起こすリスクが高まります。

 

症状についても様々あり、下痢、激しい腹痛、黒便、吐血、吐き気、嘔吐等があります。

 

消化器にも異常が起きてしまうため症状が複数ある事でも有名であります。

 

炎症を起こしてしまう原因についてはピロリ菌という細菌が胃腸に侵入して悪さをしてしまう事からこの病気を発症してしまいます。

 

また、ストレスや過度の喫煙・過剰のアルコール摂取も関係していると言われています。

 

少しでも胃腸に違和感を感じていたり、ここ数日体調が優れない場合であれば病院を受診して治療を受ける必要があり、それにより改善する事が可能です。

 

スポンサーリンク

病院の検査では内視鏡検査、X線検査、血液検査、便検査等を行い、十二指腸に異常がないかを調べる事になります。

 

もし、異常が見つかればすぐに治療が開始となり、主に薬物療法や安静療法、ライフスタイル改善の指導を受ける事になります。

 

治療中は刺激が強い飲食物を飲んだり食べたりしてはいけなくなり、処方された薬を服用しつつ経過を見ていく事になります。

 

治療期間については薬物療法の場合は4週間あれば完治すると言われています。

 

検査で出血している異常が見られた場合は手術を行う事になるため入院を余儀なくされます。

 

完治しても再発をふせがなければいけなくなるため、胃腸に負担を与えないように日々の生活習慣をしっかりとしていかないといけないです。

 

スポンサーリンク