MENU

十二指腸炎の治療期間はどのくらい必要なのか

スポンサーリンク

男性にも女性にも、またあらゆる年齢層に発症する特徴を持っている「十二指腸炎」は気をつけていかなければいけない病気の一つであります。

 

十二指腸炎は急性のものもあれば慢性の場合もあるため、注意していかなければいけなく、主な症状としては十二指腸の粘膜が炎症するため腹痛や出血、消化器に何かしら異常が起きてしまいます。

 

食欲不振や吐き気・嘔吐等の症状がでる場合もあります。

 

この病気は比較的に若者に多いとされている病気である事でも有名であります。

 

なぜ、十二指腸炎が起きてしまうのかというと、最も一般的な原因としてはヘリコバクター・ピロリ菌と呼ばれる細菌が大量に胃や小腸に侵入してこの病気を引き起こします。

 

過度のアルコール摂取も原因の一つとなっています。

 

また、薬を服用している人で副作用でこの病気を起こしたりする場合もあります。

 

スポンサーリンク

十二指腸炎は病院を受診して検査を受けつつ適切な治療を受ければ治す事が可能であります。

 

検査としては問診をはじめ、内視鏡検査、血液検査、便検査等で十二指腸炎を発症しているかの診断を受ける事ができます。

 

もし、発症している場合であればすぐに治療が開始され経過を見ていく事になります。

 

もし症状が酷い場合であれば入院して治療を受けていく事になります。

 

治療期間としては4週間から6週間の間となります。

 

治療期間中は刺激が強い食べ物や飲み物をとってはいけなくなり、アルコールや喫煙も我慢しなければいけなくなります。

 

完治しても再発する恐れもあるため、気をつけて日々の生活を過ごしていかなくはいけなくなります。

 

そのためライフスタイルの改善が必要となってくるわけであります。

 

スポンサーリンク