MENU

十二指腸炎には下痢の症状もあります

スポンサーリンク

幅広い年齢層に発症する「十二指腸炎」はいつ起きるか分からないため注意していかなければいけない病気の一つであり、特に若者が発症しやすい傾向であるため用心する必要があります。

 

この病気はピロリ菌と呼ばされる細菌が胃や小腸に対して大量に侵入してしまう事から発症するといわれています。

 

過度の喫煙やアルコール摂取も十二指腸炎を引き起こす原因の一つとなっています。

 

症状も様々あり、腹痛や食欲不振、下痢、吐き気・嘔吐等があり、他の消化器にも悪影響を与えてしまいます。

 

そのため下痢の症状が出てくる時もあるという事です。

 

重篤な症状もありスツールの血や吐血、激しい腹痛等が起きる場合は緊急入院する必要があります。

 

症状が酷くならないうちに違和感を感じたら病院を受診する事をすすめます。

 

スポンサーリンク

十二指腸炎を発症しているか発症していないかの検査は複数あり、X線検査、便検査、血液検査、内視鏡検査等を行なって調べていく事になります。

 

十二指腸炎の診断を受けた場合は状況に応じて、治療方法を変えていく事になり、殆どがピロリ菌を死滅させるための薬を処方され経過を見ていく事になり、医師からの生活指導を受けます。

 

十二指腸から出血が見られる場合であれば手術を受ける事になるため入院する必要がでてきます。

 

治療にかかる期間については薬物療法を受ける場合であれば4週間あれば完治するといわれています。

 

治療後も再発を防いでいかなければいけないため、刺激が強い飲食物をできるだけとらないようにしていかなければいけなくなります。

 

十二指腸炎は再発しやすい病気の一つとして有名であります。

 

スポンサーリンク