MENU

大腸の内視鏡検査はどれくらいの費用がかかるのか?

スポンサーリンク

大腸がんや大腸ポリープなどを発見する際には大腸内視鏡検査します。
最近では大腸の異常を発見する際には大腸内視鏡検査を行うのが一般的です。
他にも便潜血検査などの簡易的なものもあるのですが、専門医はオススメしないと思いますので、大腸内視鏡検査についてお話します。
大腸内視鏡検査とは大腸に異常の有無を診断し、大腸ポリープが見つかった際には切除します。
その内容は肛門から内視鏡を挿入して行い、上記の通り、ポリープを発見した際にはその場で切除します。
大腸内視鏡検査は、肛門からカメラを入れる形となっています。
しかし、この方法は女性の方は抵抗があるという方が多いのではないのでしょうか。
そういった方のために配慮されて、不安を軽減するために検査用のパンツが用意されている病院もあり、おしりのところに穴が開いていて、肛門の部分だけあいているそうです。
大腸内視鏡検査の費用ですが、検査が保険診療の対象となるかならないかで違ってきます。
保険診療となる場合は3割負担で、ならない場合ですとすべて自己負担となります。
保険診療とは「なんらかしらの症状が出ていて医師が必要と判断した場合」です。
ですので症状が全く出ていない、医師が不要と判断した際は全額自己負担になる場合もあります。

スポンサーリンク

保険診療になる場合は6000円程度となっています。
炎症や潰瘍などが見つかって、組織を採取し顕微鏡で調べる必要があった場合は1万円〜2万円程度です。
ポリープが見つかった場合はポリープを切除する可能性がありますので、切除した際は2万円〜3万円程度となっています。
このことから保険診療を適用されている方の最大額は3万円程度となります。
保険診療の場合は70歳以上ですと1割負担、2割負担の方はさらに安くなります。
しかし入院した場合は別に入院費が取られますので、詳細は病院へ聞くのが一番でしょう。
健診目的での検査は約1万8千円程度です。
検査途中でポリープが見つかった場合には、保険診療が適用されますので上記の金額となります。
ただし検査途中に炎症や潰瘍が見つかった場合は、内視鏡検査は自己負担となり、炎症などの病理検査だけが保険診療の適用となります。
大腸内視鏡検査を受ける間隔ですが3年に1回、最低でも5年に1回受けておけば早期発見につながりますので受けましょう。

スポンサーリンク