MENU

大腸癌のステージ事の状態や治療方法について

スポンサーリンク

大腸がんをステージには分類がなされています。
大腸がんの発生原因には2つあり、大腸のもっとも内側の粘膜に出来た良性の腫瘍ががん化する時と、粘膜から直接がんが発生する場合があります。
粘膜だけにとどまっている状態のがんは、初期のがんで自覚症状はほぼありません。
粘膜を超えてがんが大腸の外に広がっていったり、リンパ節に広がっていったりすると、症状が徐々に表れるようになります。
このようにがんが徐々に広がっていく進行度によってステージが分類されています。
ステージはステージ0〜ステージ4の5段階に分類されていて、ステージ4が最も進行度の高いステージとなります。

ステージ0は粘膜の中にとどまっている状態です。
ステージ1は大腸の筋肉の層までにとどまっています。
ステージ2ではがんが大腸の筋肉の壁を越えて周囲に広がっていき、ステージ3では大腸周辺の臓器などに広がっているか、リンパ節に転移している状態になります。
ステージ4となるとがんが大腸から肝臓や肺、腹膜などの遠く離れた臓器や組織へ転移している状態となります。

スポンサーリンク

大腸がんはステージ別で治療法が異なり、ステージ0、ステージ1の場合の多くは内視鏡により腫瘍の切除が可能です。
ステージ2、ステージ3の多くの場合は、手術を行い、病変部位のある大腸と転移のかのうせいのあるリンパ節を切除していき、手術後は再発を予防するために、抗がん剤が勧められるケースもあります。
ステージ4の大腸がんは他の臓器にも転移しているため、大腸の病変部分だけを取り除いてもすべてのがんを取り除くまでは治療が終わりませんが、手術で切除可能であれば手術を数回に分けて行うこともあるようです。
また、手術以外の化学治療や放射線治療などを進められる場合もあるようです。
ステージ別に5年生存率が異なり、ステージ3の段階では5年生存率が60パーセントを超えていますが、ステージ4になると急激に落ちて、10パーセント台となります。
ただし、5年生存率は平均的な数字であり、個人個人によって違います。
大腸がんは早期発見、早期治療により完治の見込みが高い病気ですので定期的に大腸内視鏡検査などを受けましょう。

スポンサーリンク