MENU

大腸ポリープの原因とストレスの関連性について

スポンサーリンク

最近、日本では食の欧米化に伴って動物性のタンパク質を食べることがどんどん増えています。
コンビニやレストラン、24時間さまざまな場所で食べることが出来、とても便利である一方、それらの事柄に影響を受けて、病気になりやすくなっています。
大腸の病気には大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、大腸憩室炎などがあり、その一つに大腸がんがあります。
大腸がんは大腸ポリープががん化したものです。
大腸ポリープが出来る原因としてよくあげられるのは食事です。
動物生タンパク質を多くとることにより大腸がんになる可能性は高くなります。
そのほかにも大腸の自律神経とストレスが密接に関係しており、ストレスも原因の一つともいわれています。
腸内環境の乱れによって生じる過敏性腸症候群はその一例で、ストレスや生活習慣の変化、暴飲暴食などにより下痢や便秘などを繰り返す症状です。
このことから大腸ポリープにもストレスは影響しているのではないかと考えられています。
大腸ポリープは大腸の中の粘膜に隆起する組織をポリープと呼び、出来た状態で放っておくとがん化するものもあります。

スポンサーリンク

初期の小さなポリープは症状がほとんどありませんが大きくなってくると徐々に血便などの症状が出ます。
症状が出ている多くの場合、診断を大腸内視鏡検査で行い、ポリープがあるかないか、大きさや色、形などを見ます。
検査中にポリープが見つかった場合は、その場でポリープを切除できることが多いようです。
主な原因としてあげられるのはやはり上述したように食生活の欧米化によるもので、動物性たんぱく質などのかカロリーの高い食事をすると便が大腸に長くとどまってしまうため、発がん性の物質もとどまってしまいますので注意してください。
またたばこを吸われる方は吸わない人に比べると約7倍大腸がんになりやすいともいわれています。
運動不足な方や肥満のなども大腸がんになる可能性は高くなるとされています。
ポリープは早期発見、早期治療により致命的になることはほとんどありませんので、健診をこまめに受けましょう。

スポンサーリンク