MENU

大腸がんは予兆することができるのか?

スポンサーリンク

日本人の大腸がんの死亡者数はトップ3に入り、女性では1位となっています。
発症件数も年々増加傾向にあります。
特に40代から増え始めますので定期的な大腸内視鏡検査などを受けておくと安心です。
20代や30代でも起こる可能性はゼロではありませんので便秘気味の方や、下痢気味の方、身内で大腸がんになった人がいる方なども要注意です。
大腸内視鏡は恥ずかしいと思い方も多いかもしれませんが、最近では検査用のパンツなどで病院が配慮してくれておりますので安心して検査を受けることが出来ます。
大腸がんの予兆としては発生部位によっても異なりますが、血便、下血、下痢と便秘の繰り返しや便が細い、膨満感、腹痛や貧血などの症状が出ます。
少しでも予兆が出たと思ったら病院へ行き、検査をしてもらいましょう。
早期発見できれば完治させることも可能です。
しかし、大腸のがんの初期症状としてはほとんど症状が見られないことも多いですので定期的な健診はとても大切です。
大腸が便を作る器官であることから、便に関する症状は多く、毎日の排便状態が良いことは大切です。
大腸がんはとても身近な病気であり、食生活にも大きく関係しています。

スポンサーリンク

最近では食の欧米化が進み、肉や油などの動物性たんぱく質を食べる機会が増えており、そのため便が固くなり発がん性物質をもった便が大腸に長くとどまってしまうため、がんが発生しやすくなると言われています。
肉食などを減らして食物繊維を食べるようにすれば便が柔らかくなり、便が端ることは少なくなります。
たばこは大腸には直接煙が行くことはないのですが消化器系統の臓器に影響があると言われてますので注意しましょう。
過度なアルコール摂取も危険ですので適度に飲みましょう。
運動不足も要注意です。
デスクワークの多い人が大腸がんになりやすいとも言われていますので、身体を動かしましょう。
上述したものは自分で節制すればよいのですが、どうにもならない遺伝が原因となることもあるようです。
やはり定期的な検査は必要ですので3年に一度は大腸内視鏡検査を受けることは重要ですので健診へ行きましょう。

スポンサーリンク