MENU

大腸ポリープが悪性である確率はどれくらい?

スポンサーリンク

大腸がんになるかたは年々増加しています。
大腸ポリープと呼ばれるものががん化したときに大腸がんになります。
大腸は食べ物を消化してくる器官ですので日常生活に支障が出ることもありますので注意しましょう。
大腸ポリープにより大腸がんへとなってしまう危険性がある為、大腸内視鏡検査などにより、早めに発見し、処置をすることが大変重要です。
ポリープの発生原因としては食の欧米化などによる要因があげられています。
大腸ポリープには良性と悪性があり、良性と呼ばれるものはがん化する可能性が低いという意味、またはがん化する前の状態です。
悪性と呼ばれているものは良性のポリープが腫瘍性のポリープだった場合に、放っておくと徐々に大きくなり、悪性に変化し、大腸がんになりことがあります。
良性のポリープは放置して様子を見る場合も多いそうですが、内視鏡検査の場合はそのまま切除することも可能ですので切除してしまうこともあります。

スポンサーリンク

大腸ポリープには悪性と良性があり、悪性の確率があるかどうかを判断しなければなりません。
たいていの場合の判断基準は大きさと言われています。
大きければ大きいほど悪性の可能性は高くなり、ポリープが1センチ以上の場合は注意しなくてはなりません。
1センチから2センチ程度の場合でがん化する確率が約25パーセント、2センチ以上になると60パーセントと大きさでがん化の可能性があるかどうかを判断します。
大腸ポリープは男性に多く見られ、大腸がんに進行するのは女性の方が高くなると言われています。
大腸ポリープの治療方法ですが、大腸内視鏡検査でポリープを切除するというのが一般的となっています。
医師が認める場合には保険診療となりますので、費用も約2万円から3万円程度で収まります。
症状が出てればわかりやすいのですが、初期症状が出ないことも多いのでなかなか気付きにくいですので、大事に至らないように早期発見したければ、やはりこまめな健診をうけることが重要です。
皆様が健やかにいられるよう心よりお祈り申し上げます。

スポンサーリンク