MENU

十二指腸ポリープの良性の割合は

スポンサーリンク

十二指腸ポリープができる頻度は、胃のポリープなどに比べたらかなり少なく、1万人に2人から3人ほどの割合だと言われています。
ポリープができていても自覚症状はほとんどなく、健康診断などでたまたま発見されたというケースが多いです。
そのようなポリープが見つかって、心配になることの一つが悪性なのではないか、ということです。
ただ、十二指腸ポリープの多くは良性のもののようです。
ただ、がんの場合もあるので、ここでは十二指腸にできるポリープの種類を紹介していきます。
まずポリープとは、粘膜の表面にできるこぶのようなものです。
問題のない良性の場合、また腺腫という分泌物を排出する分泌腺の細胞が増殖してできたものの場合は、発見されても特に治療は行わず、経過観察となります。
しかし、ポリープは大きくなってくるとがん化することがあります。
また、ポリープだと思って切除したら、悪性の腫瘍だったということもあります。

スポンサーリンク

十二指腸ポリープは、発症事例がそれほど多くないこともあり、現在のところ原因ははっきりと特定されていません。
しかし、十二指腸は消化菅であるので、食生活に何らかの原因があるのではないかと考えられます。
特に、食の欧米化などが指摘されています。
ポリープを予防するためには、規則正しい食生活、ストレスを溜めない生活を送ることが不可欠です。
先述の通り、良性のポリープの場合は特に治療は行いません。
しかし、大きさが2センチ以上の場合は切除されることが多いです。
この場合、内視鏡を用いた手術を行うことが多いです。
患者さんの負担が少なく済むからです。
以上のことより、十二指腸ポリープはほとんどが良性なのであまり審判はいりませんが、万一健康診断などで発見された場合、精密な検査をする方が賢明と言えます。

スポンサーリンク