MENU

十二指腸癌の症状は、腹痛と痛みと吐血などがあり治療は手術です

スポンサーリンク

十二指腸癌になると症状とすれば、機能不全を起こしてしまうと栄養素が吸収することが難しいので満腹感と体重減少などがあります。
症状はこれ以外にも腹部の痛みと吐き気と吐血と悪寒と下痢と貧血も起こりうるかもしれないですが、黄疸が出るとがんの出口を塞いでしまうので注意が必要になっています。
十二指腸癌が早期発見出来た場合は治療としては手術をすれば完治することが出来て良い結果に繋がりますが、がんが進化してしまうと胃の半分と十二指腸を切除してしまうと生存率が急降下してしまうので注意が必要になっています。
十二指腸癌になった場合は1年に一度精密検査をすることによって新しい治療方法が見つかる可能性があるので安心することが出来ます。
原因は未だに見つかっていませんが、発生する確率が稀に等しいと言われているので十二指腸潰瘍と間違われる可能性があるので注意が必要になり、症状もほとんど変わらない場合が多いので難しいです。

スポンサーリンク

治療方法も早期の場合は内視鏡を入れて切除することになっていますが、切除する前には長さなどを測る為に超音波で見ることがあります。
特徴とすれば内視鏡の先端に超音波発生装置を取り付けてから行うので粘膜内なら内視鏡で切除することが可能になっています。
内視鏡で行うと術後の回復が早く負担も少なくなり安心して生活を送ることが出来ますが、粘膜下層にある場合は内視鏡で取り除くことが出来ないので手術をすることになり負担も術後の回復も遅くなる場合があります。
場合によってはリンパ節に転移している可能性が高いので注意が必要になっています。
手術で取り除くことが不可能な場合は、放射線などをして少しでも小さくすることが目標になっていて奇跡が起きればすべて消えている場合があります。
治療は処方箋などで痛みや感染を抑えることもしますが食事などで体に良い物を摂取することで痛みも和らげることが出来ますが、点滴と注射も行なう場合があります。

スポンサーリンク