MENU

十二指腸ポリープの特徴とがんとの関係性について

スポンサーリンク

十二指腸ポリープといえば珍しい病気の一つとなっていて、無症状であるため発症しているかしてないかの区別がつきにくい病気であり健康診断や人間ドックの際に発覚する傾向となっていて、良性である事が多いため安心できますが稀にそれが「がん」になる場合もあるため気を付けていかなければいけなくなります。
十二指腸ポリープはポリープの部分が大きくなると腹部や背中に痛みや違和感を感じる特徴があるため、それが長期間続いているようであれば十二指腸ポリープを発症している恐れもあるため病院で精密検査を受ける必要があります。
この病気は主に遺伝・食生活の欧米化・ピロリ菌が関係しているのではないかといわれていて、専門家達が警鐘を鳴らしてきています。
十二指腸ポリープを発症する正式な原因や理由は解明されていないままであり、現在も調査や実験が行なわれていたりします。
この病気の怖い所は良性のものが急に悪性になり「がん」化してしまう事であります。

スポンサーリンク

十二指腸ポリープから「がん」になった場合はどういった特徴があるのかというと、最初は腹痛・吐き気等が起こりつつ体重が減少したり貧血になる事が多くなります。
症状が更に悪化してくると肌の皮膚や目の色が黄色くなりはじめ、黄疸と呼ばれる現象が発生します。
もし、このような症状が起きていたらすぐに病院に行って精密検査・診察・治療を受ける必要があります。
病院で受けられる精密検査については大腸カメラ・X線検査・血液検査等があり、これによって十二指腸ポリープが悪性であるか良性であるかの判断をつける事ができます。
問題のないタイプ・腺腫ができているタイプ・悪性であるタイプの3つがあり、検査結果により治療をする必要があるかないかの診断をつける事もできます。
細かな情報や治療方法・手術方法に関しての詳細はインターネットを活用して検索を行えば専門的に紹介しているWebサイトが多数あるため、そこで情報収集を行えるようになっています。
ちなみに十二指腸ポリープから「がん」になる可能性は0.06%から2.9%とであるため、滅多に起きない特徴を持っていますが良性の場合であっても警戒していく必要があります。

スポンサーリンク