MENU

十二指腸ポリープの症状には腹部の痛みもある

スポンサーリンク

胃腸関係の病気で十二指腸ポリープがあり、これは幅広い年齢層の間で発症する病気でもあるため気をつけていかなければいけなくなります。
十二指腸ポリープといえば珍しい病気の一つでもあるので症例が少なく、原因は解明されてない状況でありますが食生活の欧米化が関わっているのではないかといわれていて、専門家達が警鐘を鳴らしてきています。
他にも胃腸関係の病気に多く関わっているピロリ菌が原因で十二指腸ポリープを発症させている可能性も高いとされてきています。
また、遺伝も関係している事も考えられるため原因は様々あるという事が分かります。
主な症状に関しては無症状となっているため、気づきにくい病気でありポリープが大きくなってくると腹部の痛みや上腹部の違和感、膨満感がといった現象が起きるため発見が遅れる場合もあります。
十二指腸は背中側の方にあるため、背中に痛みや違和感を感じる事もあるため、他の病気と間違う事も多々あります。

スポンサーリンク

初期症状が分からないため健康診断等を受けた時に十二指腸ポリープが発覚する事が多く、治療が必要ではない場合もありますが稀に悪性の腫瘍である事もあるため腹部に違和感を感じていたり、背中の痛みが酷いようであればすぐに病院にいって診察・治療を受ける事をおすすめします。
十二指腸ポリープについてはX線検査・大腸カメラ検査・血液検査等をすれば、発症しているかどうかの診断を行えます。
3つの種類があり、問題のないタイプ・腺腫であるタイプ・悪性であるタイプがあり、問題ないタイプは治療を受けず経過観察する事になります。
腺腫ができているタイプの場合は1cm以上ある際は切除する手術を受ける事になっています。
悪性である場合は入院する事になり、緊急手術と時間をかけた治療を受けていく事になります。
十二指腸ポリープは良性である事が多いのですが、時としてそれが悪性の癌になる事もあるため注意しなければいけなくなります。
十二指腸ポリープは最初は無症状であるため、見つけるのが遅くなる場合もあるため腹部や背中に痛みが長期間続いているようであれば病院にいってしっかりと精密検査や治療を受ける事が必要となります。
病院に行った場合は胃腸科・消化器科・消化器内科・内視鏡科等を受診すれば専門医が対応してくれます。

スポンサーリンク