MENU

病院で十二指腸潰瘍を治す時は何科に行けば良いのか

スポンサーリンク

胃腸関係の病気に十二指腸潰瘍があり、これは幅広い年齢層の間で起こる病気として知られていますが最近では20代また30代の若者に発症するリスクが高いため気を付けていかなければいけなくなります。
十二指腸潰瘍の主な症状については吐血・タール便・すっぱいゲップ・過酸症状・腹部の痛み等になっていて、症状が深刻化してくると腹部に激痛を覚えショック状態になる事もあります。
この病気が起きてしまう原因については様々な理由があり、精神的なストレス・睡眠不足による過労・過度の喫煙またアルコールの摂取・欧米化された食生活等が挙げられています。
もし上記で紹介した事が複数当てはまっている人がいるのであれば、十二指腸潰瘍になる恐れが高いためしっかりと対策をとっていく事が大切となってきます。
対策に関してインターネットを使って検索を行うと専門的に情報を提供しているWebサイトやブログ等があるため、そこで具体的な内容を知る事ができます。
症状が頻繁に出ている場合はすぐに病院に行って精密検査と治療を受ける事をおすすめします。

スポンサーリンク

病院に行った場合は何科を受診すれば良いのかというと、胃腸科・消化器科・消化器内科・内視鏡科等が無難となっていて、ここには胃腸の病気に関しての専門知識と高度な医療技術を持っているためしっかりとした対応を受ける事ができるからであります。
科が多数あり何科を受診していいのか分からない時は受け付けでスタッフの方に理由を話し何科を受診した方が良いのかという質問をして、適切なアドバイスを受けるのもありです。
また、胃腸関係の病気を専門的に取り扱っている病院に行くという手もあります。
十二指腸潰瘍の検査については病院によって少し異なりますが、主にバリウム検査・胃カメラ・X線検査・血液検査等があり、これにより十二指腸潰瘍を発症しているかしてないかの診断を行えます。
もし、十二指腸潰瘍を発症している事が分かった場合は軽度であれば医師からの生活指導・食生活の指導を受け、薬が処方されそれを服用しつつ経過を診ていく事になります。
中度から重度の場合は入院治療を行いながら胃腸内に生息しているピロリ菌の除菌を行う事になり場合によっては手術を受ける事もあります。

スポンサーリンク