MENU

十二指腸潰瘍瘢痕の疑いと言われた場合について

スポンサーリンク

人間ドッグや健康診断では、時に十二指腸潰瘍瘢痕の疑いという診断が下されることがあります。
こういった場合に行われるのが組織検査です。
患部を詳細に観察出来る内視鏡検査では、多くの場合その場で組織が採取されます。
一方、従来のバリウムを使用したレントゲン検査で十二指腸潰瘍瘢痕が見つかった場合には、改めて組織検査を受けることが必要です。
十二指腸潰瘍瘢痕は、発見時に完全に治癒している状態でも一定の所見が見られます。
部分的な組織の厚みや硬い盛り上がりなどを呈することが多いのです。
完全に治り切っていない場合は、部分的に白い苔のようなものが見られたり赤みが生じていたります。
このような十二指腸潰瘍瘢痕は画像検査のみでは正確な診断が難しいことが多く、組織検査で確定結果を得るのが一般的です。

スポンサーリンク

十二指腸潰瘍瘢痕の疑いがあると指摘されたら、胃腸環境に気を配ることが大切になります。
十二指腸潰瘍の原因の一つには胃潰瘍や胃がんを引き起こすピロリ菌が関わっているとされており、場合によっては除菌が必要です。
また、様々な薬による胃腸へのダメージを避けることも重要となります。
薬剤の中には胃や十二指腸に悪い影響を与えるものがあるため、こういった薬は使用を控えることが求められるのです。
また、食生活や生活を見直しみるのも一つの方法となります。
食事をゆっくりと時間をかけて食べるようにするだけで、胃腸への負担を抑えることが可能です。
症状が比較的軽ければ自然に治ることも多く、十二指腸潰瘍では罹患後の養生が重要な意味を持ちます。

スポンサーリンク