MENU

十二指腸潰瘍穿孔が起こる原因について

スポンサーリンク

十二指腸潰瘍が悪化すると、時に粘膜に穴があく十二指腸潰瘍穿孔の状態になることがあります。
こういった十二指腸潰瘍穿孔の原因は、主に不十分な治療や長期に渡る未治療状態です。
十二指腸潰瘍穿孔が起こると、激しい腹痛や吐き気などが生じることが多く、緊急に治療が必要になります。
この十二指腸潰瘍穿孔で注意しなければならないのは、合併症です。
十二指腸部分に穴があくと、胃酸などの刺激から腹膜炎に移行してしまうことがあります。
こうなると急いで手術をしなければならなくなるため、注意が必要です。
従って十二指腸潰瘍は、穿孔に至る前の段階で適切な治療をしておくことが大切となります。
初期には自分で気付かないことがあるのがこの病気の問題点です。

スポンサーリンク

代表的な十二指腸潰瘍の症状としては、患部からの出血が挙げられます。
出血はある程度症状が進んでから現れてくることが多く、この時点では既に腹痛や背中の痛みが少なからずい生じているのが一般的です。
出血が起こっていると便が黒くなるなどの症状が現れます。
こういった出血が体の中で生じている場合には、原因不明の貧血を指摘されることも多いのです。
穿孔の症状は、胃潰瘍よりもむしろ十二指腸潰瘍に多く見られます。
十二指腸の壁が比較的薄いことがこういった現象の一因です。
病気の進行度は、このような組織の構造によっても変わってくることがあります。
組織が薄い場合は、進行するスピードが早くなるのが通常です。
ですので、十二指腸潰瘍を疑われる症状には日頃から注意しておくことが大切となります。

スポンサーリンク