MENU

ロキソニンで潰瘍が発生するってホント!?

スポンサーリンク

皆さんロキソニンをご存知でしょうか?
ほとんどの方がご存知だと思います。
そうです!ロキソニンというのは鎮痛剤です。むしろ鎮痛剤=ロキソニンというのが一般的に広まっていると思います。
また身近に購入できることから一般家庭での普及も非常に多いお薬になります。
では今回はロキソニンと十二指腸潰瘍について説明をしていきたいと思います。
鎮痛剤で有名なものと言えば、「ロキソニン」「ボルタレン」という名称のものかと思います。
これらは非ステロイド性消炎鎮痛剤と言われるものです。
鎮痛剤というのは、「シクロオキシゲナーゼ」と呼ばれる、痛みの原因になる物があるのですが、こちらから生成される痛みの元である「プロスタグランジン」の生成量を減少されることで、痛みを抑えるという効果を持っています。
これが、ロキソニンなどが痛みを抑えるという原理なのですが、このロキソニンというのは実は消化器官に弊害を与える事があります。スポンサーリンク

医療機関でロキソニンを処方された場合に、一緒に胃腸薬を服用してくださいと言われた事がある方がいるかもしれません?実はこれは、ロキソニンが胃腸に害をもたらすのを防ぐという狙いがあるからです。
そのため、潰瘍をお持ちの方や、高齢者もしくは、日常的に、ロキソニンを服用していると言う方、もしくはステロイド剤と一緒に使用しているかたは、この影響で、消化器官症状
を起こす可能性があります。
ロキソニンを日常的に使用している方で、胃潰瘍や十二指腸潰瘍が多数出来ていたと言う方がいらっしゃいます。
また、それ以外にも、腎障害という症状を起こすこともあります。
ロキソニンというのは、身近なお薬なために、気軽に安心して使用できると、すぐに服用するかたがいらっしゃいますが、日常的に使用する場合には注意をしてください。

スポンサーリンク