MENU

十二指腸炎に効く食べ物

スポンサーリンク

十二指腸炎とは小腸にある十二指腸が炎症することです。

 

これには急性のものや慢性のものがあり、急性だと突然発症し短期間で治りますが、慢性の場合徐々に症状が進行し数ヶ月から数年かかることもあります。

 

男性や女性、年齢も関係なく発症しますが、完治が可能な病気です。

 

原因としては汚染された食べ物を食べたり、人から人へ感染するピロリ菌と呼ばれる細菌が侵入して炎症することが多いです。

 

他には薬の長期的使用や過度のタバコやアルコール摂取が考えられます。

 

吐き気や嘔吐などの症状があり、内出血がある場合は便の色が黒くなることもあります。

 

軽いものの場合は症状は治療せずに自然に治ることもありますが、便が黒いなどの症状がある場合は病院に素早く行き医師に診てもらうことが必要です。

 

スポンサーリンク

十二指腸炎になってしまった時、胃を刺激するのは良くありません。

 

辛い食べ物や熱すぎたり冷たすぎる飲食物はとらないようにし、アルコールやタバコも控えるようにしましょう。

 

胃に負担をかけないために消化のよいものを食べるのが良いです。

 

十二指腸炎に効く食べ物は白身魚やささみ、豆腐や大根などがあります。

 

柔らかく煮たり細かく切ることで食べやすく消化しやすいようにするのがおすすめです。

 

これらの食材は栄養価が高いだけでなく胃の粘膜を保護して修復してくれる効果があるので積極的にとるようにすると良いです。

 

ストレスも胃に負担をかけてしまうので、出来るだけ溜めないように趣味などの時間をつくり発散しましょう。

 

十二指腸炎は食事や普段の生活に気をつけることで完治するのです。

 

スポンサーリンク