MENU

十二指腸に発生するリンパ濾胞の治療と症状について

スポンサーリンク

十二指腸にリンパ濾胞が見られた場合には、他の部位のリンパ節の検査やPET検査などが行なわれるのが一般的です。

 

十二指腸のリンパ濾胞は、悪性度の低いリンパ腫に分類されるため、他の部分に転移がないかを確認することが大切となります。

 

リンパ濾胞性の疾患は、リンパ節の腫れなどから発見されることが多いです。

 

消化器の一つである十二指腸だけに症状が見られた場合は、自覚症状がないのが一般的であり、早期発見が難しくなってしまうことがあります。

 

最近では、胃の内視鏡検査などが広く行なわれるようになっているため、偶然に発見されることが多い病気です。

 

症状の進行は非常にゆっくりであり、治療では経過観察が行なわれることも少なくないと言えます。

 

スポンサーリンク

検査で十二指腸以外に症状がないことが分かれば、分子標的薬などが一つの治療の選択肢です。

 

放射線治療が実施されることもあり、個人の状態に合った方法がとられるのが特徴となっています。

 

十二指腸のリンパ濾胞は、概して薬の効果が現れにくいということが一つの問題です。

 

ですがこのリンパ濾胞の場合は進行が非常に遅く、上手に病状をコントロールしていくことが一つの課題と考えられます。

 

この病気は、比較的症例が少ないことで知られています。

 

ですので治療を受ける際には、経験のある専門医の元を訪ねることが一つの有効なアプローチです。

 

薬の選択や以後の経過についても相談が出来れば、精神的にも大きな安心が得られます。

 

消化器の検査をこまめに受けておくことも大切です。

 

スポンサーリンク