MENU

十二指腸潰瘍が治癒するまでの期間はどのくらいなのか

スポンサーリンク

胃腸の病気の中で気をつけていかなければいけないのが「十二指腸潰瘍」であります。

 

この病気は、空腹時になると重苦しさやみぞおちに激痛がはしったり、嘔吐や悪心、胸焼け等の症状がでます。

 

空腹時に起きやすいため、食べ物を食べる事により一時的に症状が緩和するという特徴を持っています。

 

また、十二指腸から出血がある場合は吐血や真っ黒い便が出てしまうという症状が発生します。

 

十二指腸潰瘍を発症してしまう原因についてはストレスや胃酸過多により、球部の部分が傷つけられてしまう事からこの病気を発症します。

 

特に若者がこの病気を発症してしまうという傾向であり、悩みの一つとなっています。

 

胃腸に違和感を持っていたりしたら、一度病院を受診して検査を受ける事をすすめます。

 

スポンサーリンク

十二指腸潰瘍の検査については問診、X線検査、内視鏡検査、血液検査等を行う事が基本となっていて、検査結果を基に治療方法を決めていく事になります。

 

治療方法としては薬物療法、食事療法、安静療法、手術療法等があります。

 

治癒するまでにかかる期間については6週間以上必要となり、経過を見ていく事になります。

 

内視鏡検査で十二指腸から出血が見られる場合は手術が行わないといけないため入院する必要があります。

 

入院期間については22日間以上となるため長めの入院期間となります。

 

治癒するまでの間は刺激の強い飲食物を飲み食いしてはいけないため気をつけていかなければいけなくなります。

 

十二指腸潰瘍は一度発症してしまうと、再発する恐れもあるため治癒した後も定期的に検査を受けていく必要が出てきます。

 

スポンサーリンク