MENU

十二指腸潰瘍でピロリ菌がいない場合の原因等について

スポンサーリンク

十二指腸とは胃と小腸を繋いでいる消化器官の一種で、胃で消化された食物を小腸に運ぶ等の役割があります。

 

この十二指腸の粘膜の一部に、何等かの理由によって潰瘍が出来る疾患の事を十二指腸潰瘍と言います。

 

潰瘍の中でも特に有名な胃潰瘍は40代以降の成人に多いのですが、この潰瘍は10〜20代の人が発症する事も多いです。

 

 この疾患を発症した場合に現われる症状としては、代表的なものとして空腹時に多く見られる上腹部の痛みが挙げられます。

 

また潰瘍部分から常に出血が起きている場合には、便に血が混じる下血という症状が出る事もあります。

 

この下血症状が現われた場合には早急に対処する必要があるので、即座に病院を受診する事が大切です。

 

スポンサーリンク

 十二指腸潰瘍の原因については、その多くがピロリ菌という細菌によってもたらされる場合が多いとされています。

 

その割合は患者全体の約9割にものぼるとされていますが、ピロリ菌がいない人でも発症してしまう事があります。

 

 十二指腸にピロリ菌がいないにも関わらず十二指腸潰瘍を発症する原因については、服用している薬剤の影響が考えられます。

 

様々な薬剤が原因となる可能性がありますが、特に非ステロイド系の消炎鎮痛薬が原因となる可能性が高いとされています。

 

 こうした薬剤は、十二指腸の粘膜を守る上で重要な役割を果たす物質の働きを抑制してしまう作用があるのです。

 

これによって粘膜の守りが薄くなり、部分によっては潰瘍が出来てしまう事があるとされています。

 

スポンサーリンク