MENU

十二指腸潰瘍の治療にかかる治療費について

スポンサーリンク

一度発症して治っても再発しやすいと言われているのが「十二指腸潰瘍」であり、ピロリ菌等の除菌をしっかりと行なっていかなければいけない病気でもあって、そのまま放置しておくと十二指腸の壁に穴があいてしまい消化中の食物がお腹の中に流れだしてしまい、場合よっては重篤な状態に陥る可能性が高いため気をつけていかなければいけなくなります。

 

十二指腸潰瘍を発症してしまう主な原因としてはストレスや胃酸過多によって、球部の粘膜が傷つけられる事によりこの病気を発症します。

 

症状としては、みぞおちの痛み、重苦しさ等が空腹時に起きてしまい食物を食べる事により一時的に症状が緩和するという特徴を持っています。

 

十二指腸からの出血により吐血や真っ黒い便が出たりする事もあります。

 

スポンサーリンク

症状が酷くならないうちに病院を受診して精密な検査と高度な治療を受ける必要がでてきます。

 

十二指腸潰瘍の治療は症状や状況に応じて変わってきて、治療法の種類も複数あるため医師の判断により治療方法が決まります。

 

検査についてはX線検査、内視鏡検査、組織検査、血液検査となり治療方法としては薬物療法、食事療法、ライフサポート、手術等があります。

 

症状や状況が酷い場合や手術が必要になる場合に関しては入院が必要となります。

 

入院期間については22日間が平均となっています。

 

入院費と治療費についになりますが、入院費については1日平均相場が9050円となっていてそれに加えて治療費がかかるため総額で20万円以上という計算になります。

 

十二指腸潰瘍を予防していくにはストレスを溜めるのを避けるようにして、胃腸に負担をかけないように心がける事が大切であります。

 

スポンサーリンク