MENU

十二指腸癌は末期になると症状改善が困難なので早期発見が大事です

スポンサーリンク

十二指腸癌は消化器官にできる癌の中でも、最も発症率が低いといわれる癌です。

 

十二指腸癌は十二指腸にある良性腫瘍が大きくなって、癌に進行してしまうことが主な原因ではないかと考えられています。

 

そのため十二指腸に良性腫瘍が見つかったら、腫瘍を取り除く手術を受けると安心することができます。

 

十二指腸癌は初期段階では自覚症状が現れないため、腹痛や下痢などの自覚症状が現れた時には末期になっているというケースもあります。

 

末期になってしまうと腫瘍を切除する手術を行うことが難しいため、放射線や化学療法を行って症状を改善させるように努めます。

 

人によっては放射線や化学療法を行うと副作用が激しく出てしまうこともあるため、定期的に癌検査を受けて早期発見を心がけることが大事です。

 

スポンサーリンク

十二指腸癌は稀に起こる病気のために症例数も少ないことから、治療を受ける病院選びを慎重に行う必要があります。

 

あまり知識や経験の少ない医師が担当してしまうと、症状が改善されないだけではなく悪化してしまう可能性も考えられます。

 

セカンドオピニオンを利用したり、複数の病院を受診するなどしてきちんとした治療が受けられる病院を見つけることが重要です。

 

また、病気を克服するためにも患者に寄り添いながら治療をしてくれる医師を選ぶことで、治療方針だけではなく精神的にも安心することができます。

 

病気の状態に合わせて様々な治療方法を試すことも、症状を改善させる効果が期待できます。

 

治療が実って癌がなくなったとしても、再発も考えられるので癌検査は定期的に受けることが大切です。

 

スポンサーリンク