MENU

内視鏡手術等の方法がある十二指腸癌の治療等について

スポンサーリンク

十二指腸とは小腸の一部で胃と小腸を繋ぐ位置にあり、胃で消化された食物を小腸に運ぶ役割等を担っています。

 

この十二指腸に悪性腫瘍が発生する疾患を十二指腸癌と呼び、小腸に発生する悪性腫瘍の多くは十二指腸に発生すると言われています。

 

 十二指腸癌が発生した場合に現われる症状についてですが、初期の段階では症状が出ない事が多いとされています。

 

ただ状態が進行していくに従って症状が出てきますが、その内容は多岐に渡ると言われています。

 

ちなみに代表的な症状としては腹部の痛みや満腹感、吐き気や嘔吐、下痢等が挙げられます。

 

しかし、これらの症状は他の疾患にかかっていても発生する事があるので、素人が判断するのはなかなか難しいです。

 

スポンサーリンク

 十二指腸癌が発生する原因については、現段階では明確な原因というのは分かっていないです。

 

ただ、この疾患が発生した患者の多くは、悪性腫瘍が発生する前から十二指腸に潰瘍が出来ていたケースが多いとされています。

 

そのため、この腫瘍が何等かのきっかけによって悪性腫瘍へと変化するというパターンが原因として考えられています。

 

 十二指腸癌の治療方法については、放射線療法や抗がん剤治療、手術等といった方法を用いるのが一般的です。

 

ちなみに手術に関しては内視鏡手術を行なう事も多く、この手術方法は患者への負担が少ない事で知られています。

 

内視鏡手術の具体的な方法としては、まず最初に患者の体の数カ所に小さな穴を開ける事から始まります。

 

次にその穴から専用の器具を挿入して、その器具を使って悪性腫瘍の切除等が行なわれます。

 

スポンサーリンク