MENU

十二指腸癌の治療は外科手術以外にも抗癌剤や免疫細胞療法も効果が

スポンサーリンク

人間の内臓の中で栄養を吸収する器官として大事な役割を果たしているのが小腸です。

 

そんな小腸は大きく分けて十二指腸・空腸・回腸の3箇所に分類することが出来ます。

 

小腸にも癌のような恐ろしい病気が発生することがありますが、そのほとんどが十二指腸に出来る十二指腸癌と呼ばれるものです。

 

しかし、十二指腸癌は癌の中でも珍しい病気の一つであってそれほど気にする必要はありません。

 

日本人の消化器系に出来る癌の割合で言えば、胃癌や大腸癌になるリスクの方がはるかに高くなっています。

 

十二指腸癌担ってしまった場合は、通常は外科手術によって取り除くのが一般的です。

 

切除できない場合なども抗癌剤によって治療効果を期待することが出来ます。

 

スポンサーリンク

十二指腸癌は癌の中でも珍しい稀にしか見られない病気の一つですが、初期症状も少ないことから発見が遅れてしまうこともある病気です。

 

早い段階であれば内視鏡手術や開腹手術によって切除することも可能ですが、発見が遅れてしまったり高齢であったりと外科手術が行えない場合は、放射線による治療や抗癌剤による化学療法を行なうことになります。

 

また、最近では放射線治療や抗癌剤のように副作用の心配が無いということで免疫細胞による治療法も一定の効果をあげています。

 

どの治療法もそれぞれメリットとデメリットがありますので、患者の状態を考えて医師とよく相談してからどのような治療法を選ぶのかを決めることが十二指腸癌の治療を行なう上で大切なことになります。

 

スポンサーリンク