MENU

十二指腸癌のtnm分類について

スポンサーリンク

十二指腸癌の場合にも、他の癌同様にtnm分類が適用になります。

 

tnmは癌の大きさや深さ、リンパ節や多臓器への転移をはかる分類法であり、癌のステージを決定する上でも重要です。

 

こういったtnm分類をすることによって、具体的な治療法もより決定しやすくなります。

 

比較的早期の十二指腸癌では部分的な切除が選択され、進行度が高い場合は膵頭十二指腸切除術が適用になるのが一般的です。

 

癌の進行度は、実の所画像の所見だけでは分からない場合があります。

 

比較的大きい腫瘍でも、他部位の転移がなければその部分を切除することで完治させることが可能です。

 

このようなタイプは、見た目のイメージよりもステージが低くなることがあります。

 

スポンサーリンク

部分的な切除で済む十二指腸癌は、治癒の可能性も高いと言えます。

 

早い段階で発見出来ることがこの病気では大きなメリットになる要素です。

 

十二指腸癌は内視鏡での手術も可能となっており、場合によっては体の負担も最小限に抑えることが出来ます。

 

自覚症状が余り見られない十二指腸癌は、見つけにくいのが難点です。

 

症例も少なく、治療を受ける際には経験のある専門医を探すことが大切となります。

 

胃の内視鏡検査などを通じて偶然発見されることもあるため、適度な頻度で検査を受けておくことが早期発見のコツです。

 

tnm分類においてステージが軽くなるほど予後も良好であり、日頃の体調に気を配ることが病気を見逃さないためのポイントとなります。

 

スポンサーリンク