MENU

十二指腸潰瘍と痛み止め

スポンサーリンク

十二指腸とは、胃と小腸をつなぐ消化器官のことです。
胃のすぐそばにあります。
この十二指腸の粘膜が傷つけられ、十二指腸の粘膜や組織の一部がなくなるのが、十二指腸潰瘍です。
十二指腸潰瘍の主な原因は、ピロリ菌と言われています。
ピロリ菌などは、病院の検査でも多く調べられることもあり、会社によっては、ピロリ菌が検査対象になっているというところも少なくありません。
このピロリ菌に感染することにより、胃酸の分泌が活発になり、胃酸に弱い十二指腸の粘膜や組織が破壊されます。
もちろん原因はピロリ菌だけでなく、ストレスが痛み止めなどの薬によっても起こります。
特に最近、痛み止めが原因で発生する十二指腸潰瘍が増えてきています。
胃潰瘍は中年以降に多い病気ですが、十二指腸潰瘍は比較的若い人に多く見られます。
空腹時や夜間に強い痛みとして現れることが多いです。
症状が悪化すると、吐血を起こす人もいます。

スポンサーリンク

胃や十二指腸が傷つく原因として考えられるものとしては、ストレスがあります。
ですがストレス以外にも体を治療するために処方された薬によっても胃や十二指腸が傷つけられることがあります。
例えば痛み止めや解熱剤として処方される薬は、非ステロイド性抗炎症薬と呼ばれ、これらを大量に接種すると、胃のバランスを崩し、それによって胃や十二指腸の粘膜や組織を破壊し、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を起こします。
こういった胃や十二指腸の病気になった場合、原因であるものが分かっていれば、それを取り除きます。
薬やアルコールが原因であれば、それらを止めます。
ピロリ菌の場合は、除菌を行います。
胃やその辺りに痛みがあるときは、早めに病院にかかることをおすすめします。

スポンサーリンク