MENU

十二指腸の炎症による症状や、その原因等について

スポンサーリンク

十二指腸とは胃と小腸の間にある消化器官で、胃で消化された食物を小腸に運ぶ等の役割を担っています。

 

この十二指腸は全体が粘膜で覆われている器官ですが、その粘膜に何等かの理由で炎症が起こる事があります。

 

この炎症の事を十二指腸炎と言い、年代や性別を問わず誰でも発症する可能性がある疾患になります。

 

 この疾患を発症した場合に現われる症状としては、上腹部の痛みや違和感等がよく知られています。

 

また炎症部分に出血が見られると便に血が混じる事もあり、こうゆう場合には早急に対処する必要が出てきます。

 

 ただ全ての患者にこれらの症状が現われるわけではなく、中にはほとんど自覚症状がない人もいます。

 

そのため人によっては発見が遅れて、ある程度まで進行してから治療を開始するケースもあります。

 

スポンサーリンク

 この疾患を発症する原因については、その多くがピロリ菌という細菌によるもので、全体の約9割くらいを占めます。

 

ピロリ菌に感染した食物を食べる事で感染したり、人から人へと感染するケースもあります。

 

こうして体内に入ったピロリ菌が十二指腸内で増殖する事によって炎症が起こり、様々な症状が現われたりするのです。

 

 それ以外の原因として考えられるものに、何等かの薬剤を常日頃から服用している場合が挙げられます。

 

特に非ステロイド系の消炎鎮痛薬等を常用していると、その薬の作用で粘膜を守る力が落ちて発症する事があるのです。

 

 具体的な治療方法については、症状の重さや発症の原因が何なのか等によって異なってきます。

 

例えば薬剤の常用が原因の場合には、その薬剤の服用を中止する事で改善する事が少なくないです。

 

またピロリ菌への感染が原因ならば、抗生物質を投与してピロリ菌を退治すれば改善に向かいます。

 

スポンサーリンク