MENU

十二指腸潰瘍には黄疸の症状がでる時もあります

スポンサーリンク

どの年齢層でも起こってしまう「十二指腸潰瘍」は用心していかなくてはいけない病気であり、放置しておくのは大変危険であります。

 

そのため、胃腸に違和感を感じて腹痛や下痢、黒便、嘔吐、吐き気、黄疸等の症状が連日続くようならすぐに病院を受診して診療を受ける事をおすすめします。

 

黄疸とは皮膚や目の色が黄色く変色してしまう症状の事を指します。

 

十二指腸潰瘍を発症しているかどうかについては精密検査を受ければすぐに分かるため、安心できます。

 

また、それに適した治療方法等も複数あるため、状況や症状に応じて医師が適切な治療法で治療を行なってくれるため一安心できます。

 

症状が重い場合は手術が必要となるため入院する事になります。

 

スポンサーリンク

そもそも、十二指腸潰瘍を起こしてしまうメカニズムについては、ピロリ菌という細菌が体内に侵入して胃や腸等に潜伏して炎症起こさせてしまい、その事から十二指腸潰瘍や十二指腸炎等を引き起こしてしまいます。

 

また、過度の喫煙やアルコール摂取も関係していて、刺激が強いものを摂取する事により胃腸に負担をかけてしまうからであります。

 

また、ストレスが原因で発症する場合もあるため原因は様々あるという事です。

 

病院では薬物療法や安静療法で経過を見ていくとともに医師からライフスタイル改善についての指導を受ける事になるかと思います。

 

治療中や治療後に関してはできるだけ刺激が強い飲食物を食べたり飲んだりしないようにしていく事になります。

 

スポンサーリンク