MENU

十二指腸潰瘍と盲腸の違いについて

スポンサーリンク

十二指腸とは胃と小腸を繋ぐ消化器官の一種で、胃で消化された食物を小腸へ運ぶ役割等を担っています。

 

この十二指腸は全体が粘膜で出来ているのですが、この粘膜に何等かの理由で潰瘍が発生する場合があります。

 

この十二指腸に潰瘍が出来る事を十二指腸潰瘍と言い、年齢や性別を問わずに誰でも発症する可能性があります。

 

 十二指腸潰瘍が発生する一番多い原因はピロリ菌の感染で、患者全体の約9割程度はこの原因で発症しています。

 

ピロリ菌以外に考えられる原因としては、非ステロイド系の消炎鎮痛薬等を常に服用する事で発症する場合があります。

 

こうした薬剤は十二指腸の粘膜を守る物質の働きを抑制する作用があり、これによって守りが薄くなった部分に潰瘍が発生するのです。

 

スポンサーリンク

 また十二指腸潰瘍と同じように腸付近で発生する有名な疾患の一つに、盲腸と呼ばれる疾患があります。

 

盲腸は正式には虫垂炎と呼ばれる疾患で、腸にある虫垂という部分で炎症が起こるというものです。

 

原因は明確にはなっていませんが、自律神経の失調や腸内アレルギー等が原因として考えられています。

 

 十二指腸潰瘍と盲腸はどちらも腸で発生する疾患ですが、この2つの一番分かりやすい違いは症状に現われます。

 

十二指腸潰瘍では上腹部に痛みを感じる事が多いのですが、この痛みは空腹時に強く出るという特徴があります。

 

これに対して盲腸も腹部が痛みますが、こちらの痛みは時間やタイミングに関係なく痛みが続きます。

 

また盲腸は時間の経過に伴って痛む位置が変わってくるので、こうした特徴の違いで判断すると良いです。

 

スポンサーリンク