MENU

十二指腸潰瘍にも効果を発揮するlg21

スポンサーリンク

十二指腸潰瘍とは、十二指腸の粘膜が傷つき、壁を損傷する症状のことを指します。

 

便が黒っぽくなったり、強烈な腹痛となり、出血多量の場合には貧血による失神に陥る可能性もあります、この病気は、ストレスによる胃酸過多が原因と言われていましたが、近年ではピロリ菌も大きく関係しているといデータがあります。

 

ピロリ菌というと胃潰瘍や胃がんの原因というイメージをお持ちかもしれませんが、この病気にも大きく関係しています。

 

十二指腸とは、胃のすぐ下部にありますから、頷ける部分もあるでしょう。

 

実は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の患者さんの90%はピロリ菌に感染しているというデータもあります。

 

そして、薬物などで、除菌療法を行った場合、胃潰瘍や十二指腸潰瘍に再発しにくくなるというデータもあります。

 

スポンサーリンク

ピロリ菌と十二指腸潰瘍の関係が判明したところで、ピロリ菌をやっつける方法について確認しておきましょう。

 

一つは、抗生物質などの薬物療法です。

 

抗生物質の利用は、殺菌効果は高いと言えます。

 

ただし、デメリットは、腸内の必要な菌まで無差別に殺してしまうことです。

 

これによって、副作用も生じます。

 

もう一つ注目すべきは、lg21という成分です。

 

まずlg21というと、明治乳業から市販されているヨーグルトを思いつく方も多いのではないでしょうか。

 

lg21は、乳酸菌の一つで酸性度の高い、胃や十二指腸に効果を発揮します。

 

さらに、lg21のよいところは、ピロリ菌に焦点を絞って殺菌効力がある点。

 

副作用もなく、安心して利用できます。

 

lg21の摂取は、食後に摂ることがポイントです。

 

食前は吸収が早く効果が薄れてしまうからです。

 

そして、毎日継続することも重要なポイント。

 

その他口臭が消える、胃や腸の環境を整える、ヨーグルトならではの美容効果も期待できますので、ぜひ摂取しましょう。

 

スポンサーリンク